忍者ブログ
ヨーロッパの温泉・サウナの情報を集めたリンク集。ドイツ、スイス、フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、ルーマニア、アイスランド、チェコ、スウェーデン、イギリスなどヨーロッパの温泉の楽しみ方がわかります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3a669cfejpegヨーロッパでは水着を着て入る温泉プールゾーンと裸で入るサウナゾーンに分かれているところが多いと思います。

温泉ゾーンは水着着用です。
お湯は日本人にはちょっとぬるめで物足りなさがありますが設備的には日本より充実しているところが多く家族で楽しめます。
サウナゾーンは基本的に混浴ですが曜日、時間帯で男女を分けていることもあります。しかしそれはごく少数で一般的には混浴と理解しておいた方がいいでしょう。


67574efejpeg
裸といってもサウナに入るときと浴槽に入るとき以外はバスタオルを巻きますし、バスローブを着てもいいのですが(どちらも大抵は受付で借りることができます。)、サウナ室ではバスタオルは自分の座る(または寝転ぶ)ところに敷いて汗が木の床に直接落ちないようにするのが作法ですから要は裸ではいると言うことです。
浴槽はもちろん裸です。
d5486f94.jpeg

というわけで日本の女性は入るのに勇気がいります。

なにしろ、裸を見られることに慣れてないですからねー。

でも、せっかく来たのですから上手に入ってください。

そうそうめったに行けるところではないし、郷に入らば郷に従え。

慣れればへっちゃらですよぉー

(写真ではバスタオルを巻いていますがこういう入り方はほとんど見たことがありません。バスタオルはお尻の下から足の下にかけて敷いておきます。)

22fdea91jpeg

あちらの女性(男性も)が素っ裸で闊歩している姿を見ていればきっと慣れる(感覚が麻痺かな?)と思います。

 

 

私はすぐに慣れてしまいました。完全にナチュラリストです。

熱いサウナに入った後、屋外に出て澄み切った青空を見上げながら寝転べば、それはもう天国に上った気持ち。

あ~、幸せ

心身ともに大いにリフレッシュできますよ。


ブログランキングに参加しています。
このリンク集を充実させるためのエネルギーをいただけたらうれしいです。

PR


忍者ブログ [PR]
フリーエリア
このブログを気に入っていただけたらお気に入りへ登録お願いしま~す。
最新コメント
[11/12 NEX-5N]
[08/03 hiniaindink]
[06/11 78zuce]
[05/18 hbpl5m]
[05/17 fhfxin]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ブルースカイ
性別:
男性
職業:
自称温泉研究家
趣味:
温泉に入ること
自己紹介:
ヴィースバーデンで混浴温泉に度肝を抜かれ、それ以来すっかりヨーロッパの温泉生活にはまってしまった温泉フリーク。夢は世界の温泉めぐり。
ブログ内検索
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア